睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群は、眠っているときに無呼吸状態になる病気です。
SAS( Sleep Apnea Syndrome )とも言われます。
無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠中に断続的な酸素不足に陥るため、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気づかなくても、寝ている間中、脳や身体には大きな負担がかかっていることになります。
脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

  • いびきをかく
  • 寝ているとき、呼吸が止まる、呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
  • 日中の眠気
  • 起床時に頭が痛い
  • 熟睡感がない
  • 何度も目が覚め、トイレに行く

合併症の危険

睡眠は量的にも質的にも満たされていることが望ましいのですが、SASによって適切な睡眠がとれていないと身体全体に関わる生活習慣病の発生や状態の悪化に影響を及ぼすようになります。

  • 高血圧
  • 肥満
  • 不整脈
  • 浮腫
  • 糖尿病

当院の治療

無呼吸睡眠症候群はしっかり治療すると無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。

簡易PSG検査

日中に過度の眠気がある方や上記症状に心当たりがあり気になる方はまずは簡易PSG検査をご検討ください。

まず問診と簡易型検査装置を使った検査を行います。簡易検査でSASの可能性が高いと判断された場合、さらに詳しいPSG検査(終夜睡眠ポリグラフィー検査)を行います。

お体に複数のセンサー類を装着した状態で一晩お休みいただき、睡眠の質や睡眠中の呼吸状態を評価する検査です。
睡眠中の低酸素状態や脳波による覚醒状態、鼻口気流の途絶・再開、胸腹部の呼吸運動などからSASの状態を詳しく判定します。

一晩の入院が必要ですが正確にSASの状態を判定することができ、今後の治療に繋がります。

CPAP治療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、寝ている間に、喉のやわらかい組織が内側にひきこまれ、気道が狭くなってしまうことが原因です。狭くなった気道を空気が通ると、まわりの組織が振動します。これがいびきとなります。完全に狭くなってしまうと、空気が通れず無呼吸状態となってしまいます。

CPAP治療では、寝ている間、鼻マスクを装着して、鼻から気道に空気を送り込みます。空気を送り込んで気道が塞がってしまうのを防ぐのです。
そうするといびきをかかなくなり、朝もすっきり、昼間の眠気も軽くなり、消えることもあります。

空気を送り込む圧力は患者さんの閉塞の度合いによって異なりますので別日に圧力決定の検査は行います。

検査後、患者さんに適切な圧力値をCPAP装置に入力して、お持ち帰りいただき、ご自宅で睡眠中にお使いいただきます。

※スクリーニング検査でAHI40以上、または確定診断でAHI20以上で保険診療でのCPAP治療が適用となります。