禁煙外来のすすめ

タバコに対する心理的依存(習慣)、イライラや集中力の低下などの離脱症状を引き起こすニコチン依存症になってしまうとタバコは簡単に止められるものではありません。

禁煙外来では、医師が身体・精神的にサポートし、お薬の力を借りて、なるべく心理的負担が無いよう禁煙できるように導きます。

また当院では一定の要件を満たせば健康保険などの保険を適用することができ、治療費の負担は小さく済みます。

タバコをやめたいとお悩みの方は、当院で医師と一緒に禁煙しませんか?

健康保険等が適用できる※条件有

禁煙治療は12週間

健康保険等を適用するには

健康保険等を適用するには「禁煙治療を受けるための要件」以下の4点を満たしている必要があります。

  • 1.ニコチン依存症を診断するテストで5点以上
  • 2.ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(※35歳以上の方のみ)

    35歳未満の方はこの要件を満たしている必要はありません。

  • 3.直ちに禁煙することを希望している
  • 4.禁煙治療を受けることを文書により同意

    「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意していること

禁煙治療の流れ

禁煙治療は12週間が基本です。その間に、診察を5回受けることになります。
治療中、最も大切なことは、医師に相談なく中断しないことです。
ぜひ、医師と一緒に、12週間の禁煙治療を最後まで続けましょう。

初回の診察
・ニコチン依存症のチェックをして、保険診療を受けられるかどうか確認します。

・一酸化炭素濃度の測定
・「禁煙開始日」を決定し、禁煙宣言
・禁煙経験の確認とアドバイス
・禁煙補助薬の選択

通院2回目
禁煙による離脱症状(禁断症状)が続く場合は、医師が一緒に解決策を考えてくれます。初診で行った一酸化炭素の量を引き続き測定します。
禁煙ができていれば、一酸化炭素の量は、タバコを吸わない人と同程度の値になります。
通院3回目
禁煙によって、体調がよくなるころです。
通院4回目
禁煙も安定してきます。体重が増えた人は、医師が食事や運動など、あなたに合った改善策を一緒に考えてくれます。
通院5回目
禁煙プログラムの最終回です。ここまで続くと、禁煙を続ける自信がつくはず。ただし、ずっと禁煙を続けていくためにも、自分が禁煙した理由や、タバコの害など、禁煙のポイントをいつまでも覚えておきましょう。