良い透析クリニックの見分け方

透析クリニックは患者さんが選ぶ時代です。透析はどこで受けても一緒ですか?自宅に近いところならそこが最良ですか?答えはまったく「ノー」です。透析施設ごとに生命予後はかなり違います。もちろん患者さんの重症度や年齢層にもよりますが。

でも、何を基準に「良い透析クリニック」を見つけるか、難しいですよね。
ヒントは櫻堂渉氏の著書にかかれています。

□医者や看護婦の顔ぶれが頻繁に変わっていませんか?
□「専門医」が診てくれていますか?
□穿刺の待ち時間が長くないですか?
□体調やデータにあった透析治療方針をそのたびに設定してくれていますか?
□ミスや事故があったとき、患者側への説明がされましたか?
□透析条件や、今後の治療方針について、説明されましたか?
□説明無しに薬が変わったりしませんか?
□清掃、整理整頓は行き届いていますか?
□ベッドの間隔は何センチですか?
□患者同士の会議や勉強会がありますか?
□病院の方針を示す掲示物はありますか?
□疑問点を質問しやすい雰囲気ですか?
□ほかの患者さんは文句を言ってませんか?
□スタッフが無駄話や談笑はしていませんか?
□スタッフは患者さんとよく話をしていますか?

「透析は人生の足かせではない!」(雲母書房)より抜粋。
ご参考にしてください。

おぐら内科・腎クリニックでは、治療成績、生命予後も含め公表していきます。
日本透析医学会(全国平均値)と比較していまいります。

おぐら内科・腎クリニック (栃木県小山市)  小倉 学