中2日の憂鬱

月、水、金透析の患者さんにとっての月曜日の朝、あるいは、火、木、土透析の患者さんにとっての月曜日の朝、つまり、中2日の朝はなんとなく体調が悪いという患者さんが多いです。実際に急患で運ばれるのもこの「魔の中2日」間が結構多いと思います。
それは、単純に体重増加が多いだけではない、「透析の不足」が関係していると思います。
 体に休日はありません。病院が日曜日をお休みするために、透析をお休みさせられているのです。体は悲鳴をあげているのかもしれませんね。
 関西にあるクリニックでは、日曜日も透析治療をおこなっていて、「月、水、金、日、火、木、土」という「1日おき透析」をしているところがあります。

以前お話した透析プロダクト(HDP)を計算すれば
 HDP=4×3.5×3.5=49 (週3回だと36) と通常の1.36倍ですが、
中2日がないということは数字以上の効果があるのかもしれません。

それに、月曜日の朝「なんでこんなに増えたの!!塩分とりすぎ!」なんて怒られなくなるかもしれません。
日曜も休みなく、働くスタッフや先生方には脱帽しますし、月に14回までしか診療報酬請求が取れない中でのボランティア精神は、本当に患者さんのことを考えているのだろうと感心します。
おぐら内科・腎クリニックは長時間透析でまずは対応しますが、日曜日にやっている透析クリニックが栃木県にもあっても良いですよね。

              おぐら内科・腎クリニック (栃木県小山市)  小倉 学